最近の記事

2011年01月28日

ダイエット 基本的考え方

 石川式ダイエットは、いわゆる低炭水化物ダイエットです。
世にあるダイエット本によると炭水化物を食べると、それはすぐエネルギーになって人間の活動の基になるそうです。実際お米を食べると元気が出てくる実感が有りますね。
食べた炭水化物がすぐにエネルギーとして利用されるので、体が活動しても蓄えられた脂肪をエネルギーとして使うことが無いので炭水化物をとる量を制限した方が良いと考えます。

3大栄養素の炭水化物、たんぱく質、脂質と有る中で、1度の食事で炭水化物が占める割合は、諸説ある中2割から5割といろいろ言われています。
中を取って1度の食事の中の炭水化物量を3〜4割を目指すとして、普通の定食でお茶碗にかるく1杯がその量になるようです。
日本人の場合1度の食事の中で炭水化物の占める割合は8〜9割になるそうです。
牛丼などの丼飯、うどんなどを考えても、それは容易に想像がつきます。

 ではどうやって炭水化物を減らしていくか?
それはまた次回のお楽しみです。

2011年01月27日

ダイエットとは。

 先日宣言した通り、ダイエットネタを書いていきます。
まずはここで言うダイエットは減量とは違います。
減量とは、ある一定期間に目標体重にすることで、ボクサーが試合前の計量までに規定体重にすることがそうです。
ボクサーがサウナスーツを着て汗をかいたりするのは、かいた汗の分体重は落ちて、ボクサーはその後水分を取らないので減量になります。食事をとらないのも同じで、食事を取らない分体重は増えずに済みます。減量はある意味簡単で、食べたい物も食べず、飲みたい物も飲まず、一定期間我慢を続ければ確実に体重を落とすことはできます。
でもそんなことは一生続けることは出来ません。

そもそもダイエットをする目的は、この先の人生を健康的に美しく過ごしていきたいから行うものなので、一生続けられないものは減量に分類されます。だからサウナスーツを着て汗をかいたり、食事の置き換えで栄養をコントロールしたりするダイエット法は、実際は減量方法だと言えるでしょう。

いわゆる石川式ダイエットは、無理せず食べたい物は食べ、飲みたい物も飲みながら、ちょっとの努力で痩せていく方法です。

 今日はダイエットの定義だけ。
ダイエット方法はこの先、基本的考え方、実践方法、失敗しないための注意点、実践方法のアレンジなど、少しずつ書いていきます。

2011年01月25日

こちらもたまには…。

 最近はレース参戦が無くてこちらのブログに書くネタがありません。
もったいないので何か書こうかと考えて、たまにトレーニングネタなどを書いてきましたが、自分がやっていつダイエット方法でも書こうかなぁと思います。
今日はお知らせだけ。これから石川式ダイエットをご期待ください。